2014年 03月 30日 ( 1 )

本日は大安なり

今日、昼間宅急便を待つ間ヒマだったので
本日は大安なりを読む。

本日は大安なり (角川文庫)

辻村 深月 / KADOKAWA/角川書店




2時から4時までの時間指定にしたので
宅急便の人が来るのを縁側でこの本を読みながら
待っていたんですけど、止まらなくなって…

注 途中で、ご飯食べに行ったり
   買い物に行ったりしましたが。

あぁ、面白かった。

ネタバレを含みますので、まだ読んでいない人は
この先を読まないで下さいね!


この話はドラマ化もされたようですが
すっごい視聴率が悪いですね…
3%とか…

NHKで23時過ぎにやっていたから?

DVDが出ているのなら、観てみたい気もします。
個人的には「子供たちは夜と遊ぶ」に出てきた
孝太や恭司が出てきたのが嬉しかった。

一番は月子ですかね。
月子元気そうで良かったぁ。

子供たち~のラストは月子が可哀想でしたからねぇ。

辻村作品は出された順番に読むのが
本当はいいのですが、この本は角川だし、
まさか、講談社から出された本の登場人物が出てくるとは
予想していませんでしたねぇ。

やっぱ、恭司はかっこええ!
いい奴やわぁ。

子どもたちは夜と遊ぶ 上 (1) (講談社文庫 つ 28-3) (講談社文庫 つ 28-3)

辻村 深月 / 講談社




子どもたちは夜と遊ぶ 下 (3) (講談社文庫 つ 28-4) (講談社文庫 つ 28-4)

辻村 深月 / 講談社



ウェディングプランナーの山井役が優香ってのが
イメージと違う気がする…
あと真空(まそら、と読みます。)も加藤清史郎とは…

う~ん、ちょっとこれも違う気がする…
今さら不可能ですが、小さい頃の須賀健太が理想です。
まぁ、これは彼が大きくなっちゃったから無理ですねw

気に入った作品の映像化は何でもケチをつけてしまう私。
別物として観なきゃいけないんでしょうけど…

機会があれば観てみようか、と思うんですけど
果たしてDVDは出ているんでしょうかね…

映一もいい味を出していました。
双子姉妹の企みを最初から見抜いていたとは!

恐れ入りました、映一…。
彼も愛してやまないキャラクターですね。

結局この結婚式場はボヤを出し
式を中止しなければならなくなったのですが
数ヶ月後、結婚式を結局やり直したのは
双子姉妹だけなんですねw

うんうん、そりゃぁ、やり直した方がいいわぁ。
だって花嫁が入れ替わっているんですもの…

妃美佳(双子の妹)も、もっと自信を持って
これからは生きていってほしいですね、うん。

鞠香(双子の姉)もきっとその内にいい人に巡り会うよ!
性格はこっちのが明るくてリーダーシップもあるんですよね。

東もりえを幸せにしてくれそうだし
鈴木も事件を起こさずすんだみたいだし、
最後、みんながハッピーエンドになって良かった。

いやぁ、本当に面白かった。

読んで良かったと心から思いました。
やっぱ、辻村深月は面白い作品を書くなぁ!と
再確認いたしました。

面白くてあっという間に読んじゃったよぉ。

次はこの間、やっと見つけたロードムービーを早く読まなくっちゃね!
きっといい話に違いないぞぉ。

鷹野とか出てくるみたいだしね~


日々の出来事 ブログランキングへ
[PR]
by peki223 | 2014-03-30 21:59 | 小説 | Comments(0)